治療について

このエントリーをはてなブックマークに追加

基本的な施術の流れをご紹介します。金額は一番下に提示しております

問診(カウンセリング)初診時約30分

問診

お悩みの症状について、お尋ねします。東洋医学においては標本同治(ひょうほんどうち) (標本を同じく治す)通常は一緒に治すという治法があり、本とはその病気の基となるものや体質など。標とは、今現在お困りの症状などです。これらを問診で丁寧にお聞かせ願います。姿勢チェック、関節の動き、筋力検査などを行います。徒手検査を行い、病態把握に努めます。※レントゲン・CT/MRIの画像診断写真をお持ちいただいても結構です。


施術・・・日本伝統鍼灸

検査

鍼灸には様々な方法がありますが、当院では日本の伝統鍼灸である経絡治療を用いて、治療を行っております。病態において、中医学や現代鍼灸などその他の治法を用います。


痛くない鍼

施術

当院で使用する鍼は、全てディスポーザブル鍼で一度の刺鍼で廃棄してしまいます。その他の備品についても多くは使い捨ての物を使用しております。本治法で使用する鍼は極細く痛みを感じません。また標治法で用いる鍼については、ご相談させて使用させていただいております。


施術説明とセルフケア指導

説明

本日の施術説明、生活指導や、姿勢の改善のアドバイスさせていただいております。できれば通院する事無く、セルフケアで体調を整えていただくように、セルフストレッチやセルフ灸を推奨しております。

セルフ灸については、お灸サポーターの院長が直接、施灸点を指導します。

具体的な治療例

肩こり治療の例
首から肩にかけての広範囲な治療法の一例です。
腰痛治療 ぎっくり腰を含む
こちらの写真は、椎間関節性の腰痛と、腰全体が重怠く痛いと訴えてきた方への治療です。腰部への鍼通電療法です。
膝治療 変形性膝関節症
説明項目3が入ります。変形性膝関節症で階段や坂での痛みが特にひどく、座った状態からなかなか立てないとのこと。下腿内側への刺鍼と、鍼通電療法。
全身の調整や気持ちを落ち着かせる治療
日本伝統鍼灸による、全身を調整する経絡の使い方や、気持ちを落ち着かせ、上質な睡眠がとれるように身体を調整いたします。
足のむくみやお腹を調整する調整する治療
お腹の調子と水分調整は密接な関わり合いがあります。足のむくみは足の水分調整の失調と考えられますし。下痢では水分過多、便秘では水分が少ないとも考えられます。これら水分調整を東洋医学では色々な臓腑が関わっていると考えています。
徒手検査とストレッチ
説明項目3が入ります。トレーナーとして長いキャリアを持つ医院長が、徒手検査やストレッチでお身体を調整します。

料金表

HPからの初診のお客様(約90分) 4,000円
初診で顔鍼希望のお客様 4,000円+2,500円(鍼代100本)
初診料 3,000円(HPからのお客様無料)
治療費 7,000円
完全プライベート予約 20,000円
鍼代金100本、六カ月保管 2,500円
火を使わないお灸シート1壮 350円
火を使わないお灸1壮 100円

治療の注意点


高熱のある時、飲酒時、極度の疲労時は治療の効果が期待できません。
このような時はご連絡ください。

食事はなるべく治療の1時間前までにとるようにしてください。治療後1時間以内のお食事、入浴は御控えいただくか、治療担当者にお聞きください。

お着換えをご用意しております。下着は着用のまま、ストッキング、靴下等は御脱ぎして着替えてください。
また、香水の使用はなるべくお控えください。顔えの刺鍼の場合メイクをお取りする場合がございます。化粧道具をお持ちください。

治療後の入浴・運動は差し支えありませんが、倦怠感などが現れた場合、休養をとるようにしてください。刺鍼後一時間は基本的におやめください。当院では治療された当日はなるべくゆっくり休んでいただく事を推奨しております。

携帯電話の使用について、院内での通話はご遠慮ください。写真撮影については治療担当者にお聞きください。

当治療室では感染防止のため、刺激部位および手指の消毒などを徹底し、一度使用した鍼は使用いたしません。当院での使用器具の多くはディスポーザブルを使用しております。

鍼灸治療をする際には、体に触れながら治療に必要な情報を得ていきます。体のさまざまな部位の反応をみていきますが、不快に感じる場合には決して我慢なさらずに治療担当者にお伝えください。

鍼や灸の刺激の感じ方には個人差があり、まれに不快に感じることがあります。このようなときも治療担当者にお伝えください。

治療後にだるさ、めまい、発熱、痛み、しびれなどの症状がまれに出現することがあります。これらの症状の多くは一時的なもので、加えた刺激に過剰に反応したために起こるものと考えられます。初めの数回は軽い刺激で治療し、経過を見ながらその人にあった治療内容に変更していきますので、ご心配な点がありましたら遠慮なく治療担当者にご相談ください。
10
鍼治療により、出血および内出血などが起こります。刺鍼するという行為があるため、避けられない事象です。出血及び内出血の痕についての責任はおえません。あらかじめご了承ください。薬剤または病気により出血傾向が著しい方は注意が必要ですので治療担当者にお申し出ください。内出血は1~2週間程度で治り、身体への悪影響はありません。
11
灸治療はごく小さなやけどを利用した治療法です。やけどをつくらない方法もありますので、ご希望の方はご相談ください。
12
治療効果は、病気の性質や原因、また患者さん個人個人の刺激に対する感受性や反応する力によって大きく異なります。慢性的な症状の多くは、治療効果が出るまでに比較的時間がかかります。
13
小児や刺激に過敏な患者さんには、主に皮膚をこすったり、なでたりする特殊な刺さない鍼をつかい治療をおこないます。
14
シールと鍼が一体となった貼るタイプの鍼を使用することがあります。治療後シャワーや入浴前に外してください。また、貼った場所が赤くなったり、かゆみを感じたりするときはすぐに取り外してください。
15
体を温める際に用いる機器によりやけどを生じる可能性があります。施術中は熱すぎると感じたら我慢せずに治療担当者にお伝えください。
16
出張治療を行っております。詳しくはお問い合わせください。
17
場合によっては、治療をお引き受けできないこともあります。
18
その他、気になることがあれば、お気軽に治療担当者にご相談ください。