誰でも自律神経失調はあります

先日、自分の自律神経を計ってもらいました。
計測機器としては、時間領域解析(CVRR)と周波数解析(L/H)を組み合わせることにより
自律神経活動量・交感神経・副交感神経のバランスをみる というシステムの機械で、起立負荷をかけてその回復具合などを総合して自律神経をスコアにするというもの!

これが私のスコア
なんで四枚もとってあるかというと
計って、鍼、計って、鍼、計って、鍼、計った
という感じでこの間に鍼治療がはいってたりします。

こちらは、どんな鍼治療をすると私にとって交感神経が上がった、副交感神経が上がった
といった効果というか事実をグラフ化したもの
鍼の打ち方についても、色々な結果がでるという例です。

私の場合は交感神経の亢進で、あえて言うなら慢性疲労症候群となるのではないでしょうか?
ちなみに検査中の瞬間最大血圧160脈拍数120/分、という数字をたたき出したりもしました。
もともと脈拍数が多いのですがそれも自律神経でしょうね。
深く反省をし、コーラ・コーヒーなどのカフェイン摂取を控えております。(トレーナーなので、トレーニングの時はサプリでカフェインを取るような事もしてます・・・現在はやってないですが)

という事で、私でも瞬間的に自律神経の乱れというのは出ます。
基本的に負荷としてストレスがあげられるので、ストレスの元が取れる人はとってください。私のようにカフェインの取り過ぎもよろしくないです。
今週末は気温が高くなるので、気温によるストレスも自律神経に直撃しますのでご注意を!

鍼すると副交感神経が優位になるっていうの・・・正しくはないです
鍼は打ち方や打つ場所、深さ、体位でそれぞれ、副交感神経に効いたり、交感神経に働きが強くでたりします。

すごく敏感な方の場合はこの辺りを注意して鍼灸治療を行わなければなりません。

慢性化した自律神経失調症は回復に時間がかかります。
疲れがあるなと感じたら鍼灸治療をお勧めします。

ちなみにカフェイン摂取制限と鍼治療で

血圧

おかしいと感じたらすぐに対策するのがいちばんでしょうね