鍼灸治療の話を聞かれる時

友人、知人などに鍼灸治療ってどうなの?っと聞かれます

鍼灸師なら経験はあると思います。

鍼灸に対して、不思議な事をしてると思われている場合がかなりあります。

でも、実は病院でやってるような検査、またはもっと詳しい検査をしてたりするんです。

例えば、膝が痛いと言って、来院された方に対して。

筋肉や骨、関節部分の検査をします。

触ったり、折り曲げたり、こういう運動してください。

これだけで、鑑別はできます。

病院に行けばレントゲンとれますが、鍼灸院ではレントゲンとれないのでその分検査をします。

ここで、患者さんの訴えてくる症状と検査が合えば、そのまま治療となります。

でも、検査の結果と合わないと、他の可能性もでてきます。

鍼灸師のスタイルによって違いはありますが、問診といって質問をしたり、

脈診、腹診、舌診などをするかもしれません。

これらを観る事で、原因を探っていきます。

前述した、脈診、舌診、腹診が全部バラバラという事はほぼありません

身体はつながってますのでほとんど同じです。

仮に違っていたらもっと深く診察していきます。

というわけで、鍼灸院でも病院と同じ検査はします。

問診は鍼灸師によって違いますし、病院で聞かれる事とも違うと思います。

私の場合は、すいみん 大小便の具合 患者さんを診て気になった事

好きな 味 嫌いな 味

これは鉄板で聞きます

すいみんによって、精神状態、疲労度、

大小便は 消化器官、栄養状態、生活リズム

患者さんの肌色とか体型、姿勢など

好きな味、嫌いな味ではタイプ別けをします

あとは症状と合っていない答えについて質問を変えて探っていったりします。

その後、脈診

これは身体の状態をみます

すごく簡単に説明しますと、脈をみてどの臓腑に栄養がいっていて、いかない臓腑はどれだ?という事

拍動が早いか、遅いか、 からだが冷えているか、熱をもっているか

このような事柄がわかります

舌診

患者さんに舌を出してもらい、熱がどこにあるのか、臓腑の状態や、身体の冷えや熱についても診ます。

脈診での情報と照らし合わせズレがないかもチェックします

次に腹診

臓も見るのですがお腹の中、瘀血もみます

瘀血とは血の滞(とどこおり)と考えてください

ここまでの情報をまとめてズレがあればそこに対して、質問をします

ほとんどの場合はここまでで治療方針は決まり治療に入ります。

治療方針の決め方や治療方法については様々な方法があり

鍼灸師によって違いはあります。

鍼灸学校でのスタンダードは検査までです。

その後の脈診、舌診、腹診 問診方法については決まった事を教えてはいません。

この辺りは、鍼灸師によって違いはあります。

国家試験ではこういった事が問われているのです。

秋冬の講習会(東洋医学概論)が昨日で一旦お休みに
授業の最後に1月までの勉強方法を話して終了
また生徒さん達に合うのは一月の末になってしまいます。
もう少しなので頑張ってください。

 

 

 

NHK 東洋医学 ホントのチカラ~科学で迫る 鍼灸・漢方薬・ヨガ~

9月24日 ~ 

東洋医学 ホントのチカラ~科学で迫る 鍼灸・漢方薬・ヨガ~

http://www4.nhk.or.jp/P5063/x/2018-09-24/21/31017/2346089/

昨日 やってましたね!

各分野のスペシャル鍼灸師の先生が!!!

実は鍼灸マッサージ教員養成課程で教授していただいております。

過膀胱活動

都立健康長寿医療センター研究所 の 堀田晴美先生

堀田先生には自律神経について講義を拝聴しました。
NHKの番組でも放映されていましたが膀胱の括約筋なんかは自律神経が支配してます
自律神経を調整するのが、鍼灸治療ではできますので
あと、会陰って経穴なのですが
直接治療ははしないです 場所が場所なもんで
なのでセルフケアの指導はします
あとは骨盤腔内の血流量を上げるような治療を鍼と灸でします
夜間頻尿にはかなり効果があると思いますので
夜間に二回以上トイレに起きる方は是非来院してくださいおまちしております。

 

産科・婦人科疾患の鍼灸治療の第一人者である辻内先生


辻内先生には、前屈をして、どこまで曲がるかを確認してからお灸をして
その後、どのくらい前屈がしやすくなるか?
なんていう実験もしましたね。
あと、セルフケアの重要性も教えていただきました。
当院でも逆子の治療はいたしますが、基本的にはセルフケアを教えます。
お灸の仕方や、可能であればパートナーがするお灸など。

脊柱管狭窄症東大病院粕谷先生

粕谷先生には「頭皮が硬い」と言われ、それ以後は頭皮ケアを行ってますが
眼精疲労(スマホ疲労)や顔面神経麻痺治療からの(美顔というか顔鍼)
あと、糖尿病の患者さんへの水虫治療なんかも教えていただきました。
個人的には顔の筋肉への刺鍼理論は粕谷先生の方法を使ってますね
鍼法は北川先生ですが
美容エステは折橋先生で
顔灸は唐沢先生で
良い所取してますねw
顔鍼の実験をよくされているのは有明医療大学の安野教授TV出てましたね
顔に鍼を刺すと何が良いって血流が良くなるっていう事が安野教授の実験で証明されています。
これにより顔色や目の下のクマなんかは改善するという事になると思います。

基本的に鍼灸は、患者さんの持っている治癒力、免疫力にお手伝いするものだと考えております。
なので治すのは私達鍼灸師ではなく、患者さん本人で、私達鍼灸師の役割はあくまでもお手伝いです。
「先生治してください~」と言われるのですが、私達鍼灸師は回復のお手伝いしているだけなので、返事に困ってしまいますw

鍼灸学生の方で、進路が決まっていない人は、教員養成科という選択肢もありますよ!

 

吸角(きゅうかく) 吸球(すいだま)カッピング

エステなどでもカッピングという名称でおなじみかと思いますが

この写真は背中を上から順に施術してます

この方の場合だと左側がより濃く痕が残ってます。

東洋医学には瘀血という考え方があり

末梢血管で血が渋滞したりする

軽い循環不全といったところでしょうか?

冬場に足の指さきが冷たくなる方などは

足の指に末梢の循環不全が起こっていると考えます。

後、注意したいのがカッピングでも吸角でも

痕がつきやすい所とつきにくいところがあります

ここからの文は予測

末梢の毛細血管にゴースト血管(通常血液が流れていない血管)

これを陰圧がかかるので体表に血液が引っ張られこのゴースト血管を壊すため痕がつくのではないかと

毛細血管も壊して新しく再生した方が、色々と良いですからね

内出血じゃないと言ってる先生もいますが。。。

ちなみに陰圧を強くかけて長時間おいておけばくっきり痕がつきます。

上記の写真は 肌がピンク色になって30秒から1分くらいで外してます

ほとんど一分おいておきませんが

それでも次の日に痕が出たなんて患者さんもいらっしゃいます

だいたいその前に解るので「痕が出ますよ」と言ってから施術してますが

これだけ書いておくと何のためのカッピングなんじゃいとなりますが

スッキリします

一週間くらいあと付きますけど

腕上がらなかった患者さんの施術後、3日目の写真

背中全体に施術しましたがここだけ痕がつきました

腕は治りました

このぐらいの痕だと3週間くらい消えるのにかかります

こういった情報も提供させていただきます。

全ての患者さんに吸玉するわけではありません

 

最後に 吸玉の感想

 

背中がひきつるように痛かったり

胃が痛い時など

かなり気持ちいいです

吸玉を付けてるとき痛いようなら我慢をしないで 言いましょう

 

でも気持ちいいんですよ コレ あと付くけど

 

朝霞あおば台整形外科の横部院長と相対で練習した思いで
openホヤホヤですので 病院はこちらで!

 

メールでのお問い合わせについて

ホームページを訪れていただき誠にありがとうございます。

メールでのお問い合わせについて

当日の治療のご希望の方は

03-3988-6160(トータルビューティーサロンP2)にお電話くださいますようお願い申し上げます

平日12時より21時まで 土曜、日曜、祝日は11時より19時までスタッフが電話対応させていただいております。

その他、治療についてのご質問等はメールでも受け付けております。

メールでの治療希望に対しても、こちらよりお電話させていただきご予約の確定となります。

ご予約おまちしております。

 

池袋東急ハンズ隣 戸澤治療院