膝痛だと思ってたら実は腰に問題が

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうやらゴールドコーストのマラソンは完走できたようでおめでとうございます。

いいなぁ海外旅行。。。

 

つらい膝痛

お客様の中には椅子から立つ際に足がこわばって立てない

このような相談があります

もちろん膝も悪いのですが、その原因が腰にあったりします。

もうねぇ、5分とか10分とか15分歩いたら、足しびれるとか言ってる人は

脊柱管狭窄症の う た が い どころか ほぼ 当確と言ってもいいかもしれません

よく言われるのが「でも先生、腰は痛くないんです」

はい、みなさんそうおっしゃいますが

試しに腰の治療をすると

あら不思議

あれだけこわばっていた足が とか

力が入らなかった 膝が とか

よく言われます。

別に鍼灸の不思議な事をしているわけじゃないんですよー

なんらかの原因で 神経を筋肉が挟んでいたり

なんかでっぱりができて栄養できていなかったりとか

ほとんどがそんな感じです

中には詳しく知りたい方もいらっしゃるので

病因いって、写真とってもらったらどうです?と

細菌は説明してくれる場合もありますが

とりあえず写真とってきてくれれば説明はします。

写真みれば本人も一発で納得

そう、でも

どうしてこういう症状になるか?

実はドクターでも説明できない事だらけなんですよ(でも優秀なドクターは説明してくれますよー)

例えば、腰椎に脊柱管狭窄症があるのは写真でわかりましたが

どうして腓骨の真ん中の後ろが痛くなるのか

まぁそこの知覚や痛みの神経がどうにかなっているのですが

どうして?どうにかなっちゃったのかとかは解らないんです

この場合、痛み止め 湿布薬とか 奥義ブロック注射とか

確かに効きます

でも、効いたら確定診断出るけど、効かなかった場合はよくわからない

なんて事も多々あるんです

じゃぁ鍼刺すとなんで良くなるのよ(良くならない場合もありますが)

基本的にはその部分の血流を良くして発痛物質や炎症物質を流す

血行をよくするだけでも治っちゃう(痛みが無くなる)事は多いです

こればかりではないのですが、鍼を刺す事で一番変化を与える事は血行じゃないでしょうか。

最近では顔鍼の研究も大学でやっていて、鍼を顔に刺して、その鍼を抜いた後も顔の血行が通常よりも上がっているという論文でてました。

ちょっと不思議な東洋医学の施術もあるのですが、ファーストチョイスは血行の改善というのはどんな鍼灸師でも考えるのではないでしょうか?

これは鍼さして、筋肉に電気流してます。

血行の促進と筋肉のこわばりを取るのを目的としています。

鍼灸未体験の方是非おこしください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)