梅雨バテ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジメジメした日が続きます
気がつけば七月も半ば
太陽が恋しいですね
さて、東京はずーーーーっと雨
おかげで例年にくらべ熱中症が極端に少ないみたいですが
それでも搬送されている方はいらっしゃるみたいで
皆さまお気を付けください。

さて、タイトルの梅雨バテ
当院にもこのところ自律神経を乱した患者さんが増えてきました。
私も、梅雨がニガテ
鎌倉だけはこの時期、物寂しげな良い雰囲気がありますが、池袋は外から帰ると部屋の中がムシムシしていて、なんとなく身体に湿気がまとわりつく
こんな日が続くと梅雨バテします
梅雨バテを防ぐためには
部屋の中の温度は快適にする
食事をきちんととる
適度な運動
これらが日々できていればあまり心配する事はありません
後は、梅雨だからといって水分補給しないと前述した通り、熱中症で搬送なんて事になりかねません。
当院を訪れた方々には、これらの生活指導をしております。

この時期のセルフケアとしてお勧めしたいのはお灸
この時期はお灸を熱いと感じる方が増えるのですが、湿気のせいだと考えられます。
セルフケアの場合、いつもより熱量の低いお灸をお勧めしております。
患者さんによっては、治療の為にも毎日お灸をする事を指導しております

東鍼Xグランタ・オレンジカフェ

190711おれんじ

先日 オレンジカフェにて、熱中症と脱水症状についてお話させていただきました。
夏はこれからです。
お身体のメンテナンスに当院におこしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)