この季節に多いギックリ腰

このエントリーをはてなブックマークに追加

桜も満開になり、だんだんと暖かい日が増えてきてますが。三寒四温で寒い日もあるという、なかなか身体には厳しい季節です。
こういった季節は、身体が敏感な人には辛く、自律神経が温度変化についていけなくなり、体調を崩すかたもおられます。
そして、この時期多いのがギックリ腰。
もしなってしまったら?簡単な鑑別は咳払いして響くか響かないか?
咳払いをして響く場合、大腰筋の可能性が大きく、ちょっと大変かもしれません。
咳払いして響かない場合は背部の筋肉、臀部の筋肉の可能性が高いです。
大腰筋は背骨の前側についているので、自分では中々思うようなストレッチができないかも?!しれません。

写真は東京都鍼灸師セミナーで
大腰筋のストレッチ

写真のようにストレッチはきちんとした方がやっぱり良いです。
でも、このようにベットから足を出してストレッチもちゃんと効くのでこの写真のように片足を下におろしてみてください。
セルフケアでのストレッチはギックリ腰の予防になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)