緊急事態宣言下における対応について

このエントリーをはてなブックマークに追加

緊急事態宣言下におけるペインツコーポレーションの対応について

昨日4/7に緊急事態宣言が出されました。

鍼灸治療については東京都鍼灸師会より

新型コロナウイルス感染の拡大防止のため、政府は東京都を含む7都府県を対象に「緊急事態宣言」を発することとなりました。

はりきゅう施術所の運営に当たっては、もとより施術所の開設者・責任者の判断のもと行われるものであります。

会員の方から、緊急事態宣言下での施術について問合せを頂いており、東京都鍼灸師会の考え方についてお伝え致します。

日頃より、はりきゅう施術所には痛みや辛さを抱えた方が通院されたり、在宅療養中の方から往療による施術の要望を受けていることと存じます。患者さんの多くはご高齢であることから、痛みの増悪を抑えたり、QOLの向上・維持は大事なことと考えられます。緊急事態宣言下においても、患者さんの健康に資するため施術を継続することも一考と存じます。

施術にあたっては、施術者自身が健康に留意し、始業前の検温を励行して頂くようお願い致します。また、3つの密(密閉、密集、密接)が重ならないようにすることはもちろんのこと、感染防止対策の徹底(消毒、施術者と患者さんはマスク着用)をお願い致します。

との通達がなされ当院ではこれに準じての診療となります。

院内環境の整備として空気清浄機の完備

ジアイーノ

手指消毒薬の完備

来院時に手指消毒をお願いしております

スタッフの健康管理 検温やオキシメーターなど

オキシメーター

お願い

通常時ですと、発熱や咳嗽も鍼灸治療の範囲ですが、新型コロナウィルス流行の為、37度以上の方や咳やくしゃみをされている方の治療はできかねます。

治療に来ていただいた、全てのお客様に、 中国鍼灸学会は「COVID-19のための鍼灸介入ガイドライン(第2版)」 に基づいた、コロナウィルス予防の鍼灸治療を行っております。

鍼灸は治療行為です

院長 戸澤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)